納骨堂の様々なタイプ

お墓とは違った形で故人を安置する納骨堂。人口が増えてきている東京などで都内の納骨堂に地元のお墓になかなかお参りできないので都内の納骨堂に移動させた人もいます。そんな納骨堂にはどんな種類のものがあるのでしょうか。

資料請求の選び方

納骨堂はホームページを開設して情報を掲載している他にも、もっとじっくり納骨堂の事を知りたい人向けに資料請求を行っている納骨堂があります。東京には多くの納骨堂があるので資料を取り寄せてじっくり検討するのも良いでしょう。

見学に行ってみる

東京での納骨堂探しをしている時に納骨堂のホームページや口コミサイト、資料を取り寄せて細かな情報を調べたりする人もいるでしょう。ですが、百聞は一見にしかずです。実際に納骨堂に見学しに行きましょう。

納骨堂とは何か

利用しやすい環境が整っていますよ!納骨堂を東京でお探しでしたらこちらのサイトをチェックしましょう!

故人の遺骨をお墓に納骨する場合には様々なポイントを重点的に考えていく事でしょう。お墓参りをしやすい場所に建てたい、これまでのご先祖様の伝統を大事にしていきたい、故人がかつて気にっていた場所にお墓を建ててあげたい、などなど。
お墓を建てるとなると寺院や霊園など、どの場所に建てた方が良いだろうと迷う人もいるでしょう。近年ではその考えの中に納骨堂という選択肢が増えてきています。
納骨堂とは一般的なお墓をお寺などに建てたりはせず、定められた納骨堂に遺骨を安置する形を持っている建物であります。東京では近年納骨堂が増えつつあります。
納骨堂では、一人一人にお墓を用意せず、ロッカー型、または仏壇型といったタイプの収容スペースに個別で安置されている形が多いです。
個別に安置するため、子どもがいない人、あるいは子どもはいるけれど負担をかけたくないという人が利用する事が多いです。また、地元にあるお墓から今住んでいる東京の納骨堂に引越ししたという人もいます。
お墓とは全然異なった遺骨の安置の仕方でありますが、駅から近い場所に設立されて入る事が多く、納骨するスペースが屋内にあるので、雨風気にせずにお参りができます。
また、屋内の整備も整っており、足腰の悪い人でも利用しやすくなっています。東京の都会でも大事な故人へお参りしやすくなっており、故人も利用者も安心して利用できる建物になっています。
さらに、檀家制をとらないという納骨堂も多く、東京都内で供養はしっかりしていたいけれど、お寺などと自由な付き合いをしたいという人には納骨堂が向いているでしょう。